土木・造成工事

■ 暮らしを支える土木工事

土木工事は地域の方々の暮らしに密接に関わるインフラ工事。
その一つとして、水路工事が挙げられます。

水路工事とは、雨水や用水等を流すための側溝を造る工事で、しっかりと施工を行なわないと、台風や大雨により雨量の増加で排水がうまくいかずに冠水や浸水を引き起こす可能性が。
床下への湿気対策や、庭や外回りの地盤を守るには必須の工事です。

その他にも「私道を整備したい」「駐車場をもっと広くしたい」「段差でつまづくから段差をなくしたい」「農地を埋め立てて、田んぼから畑にしたい」といったさまざまなご要望にお応えすることができます。

これまで培った経験と知識・技術を生かし、暮らしにかかわる土木工事を2級土木施工管理技士が施工いたします。

■ 強い土地づくりを確かな造成工事で実現

造成工事とは、土地を利用する為に形状を整える工事のこと。
家を建てるのに適した土地になるよう、掘削や切土、盛土や土留め、ブロック・石積みなどを行い、平らで頑丈な用地へと整備します。

一般に造成地では、切土地盤の上に盛土を行うことが多いのですが、盛土地盤はしっかりと固めなければ、雨などによって沈下が起こる危険性も。
丈夫な住宅をつくるために一番重要な部分だからこそ、私たちは仕上がりについて一切妥協いたしません。

状況に合わせて地盤改良工事を行ったり、安心・安全な地盤が出来上がるよう努めます。

【代表直通】 090-3341-3086
【事務所】 042-596-2647
【受付時間】 8:00~20:00 (メールは24時間受付中)
【定休日】 日・祝
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 あきる野市を中心に東京三多摩エリア ※その他エリアはお問い合わせください

一覧ページに戻る